映画『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』の感想・あらすじ・ストーリー

映画『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』の感想・あらすじ・ストーリー アニメ
今ならドラゴンボールの映画がたくさん見れっぞ!!

無料で今すぐ
『映画 ドラゴンボールZ』を見る >>

無料期間に解約すれば料金は一切掛かりません

 

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』フル動画が観れる動画配信サービス

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』のフル動画を配信している動画サイトを一覧表にまとめました

(バナーをクリックすれば各公式サイトに飛びます)

動画配信サービス名配信状況月額料金(税抜き)
1,990円
×933円
×888円
500円
400円
325円
×1,450円
配信状況は随時変わりますので、最新の配信情報は各公式サイトにてご確認ください。

>> 無料で『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』を見るならこちら

 

 

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』あらすじ

全宇宙を支配しようとたくらむ悪の宇宙人スラッグが、地球を最新型星クルーザーとして使用するために襲来。

太陽の光を直接浴びると1時間も生きていられない種族であるスラッグ軍団の魔族は、手始めに地球の太陽光線を遮断する。悟空たちはスラッグの野望を阻止しようと闘うが、スラッグの強さはあのフリーザや超サイヤ人をも上回るかもしれないという。悟空たちとスラッグ軍団との戦いが始まる。

 

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』の登場人物・声優

  • 声の出演 編集
  • 孫悟空、孫悟飯 – 野沢雅子
  • ピッコロ – 古川登志夫
  • クリリン、ヤジロベー – 田中真弓
  • ブルマ – 鶴ひろみ
  • チチ – 渡辺菜生子
  • ウーロン、バブルス、ハイヤードラゴン – 龍田直樹
  • 亀仙人 – 宮内幸平
  • 神龍、スラッグ(老人時) – 内海賢二
  • 北の界王、ブリーフ博士 – 八奈見乗児
  • アンギラ – 難波圭一
  • カクージャ – 飯塚昭三
  • ゼエウン – 戸谷公次
  • ドロダボ – 郷里大輔
  • メダマッチャ – 堀之紀
  • 兵士 – 里内信夫、緑川光、中尾みち雄
  • スラッグ – 屋良有作

 

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』の感想・ネタバレ

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』は、1991年3月9日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第7弾である。
当時五才ではじめてドラゴンボールを映画館で見に行った作品です。
小さかったので、ジャンボカードダスをもらった記憶もないです。
ドラゴンボール大全集では今作のジャンボカードダスも掲載されておりましたので、もらったとは思うのですが、残念な事に全く記憶にありません。
今作最大の目玉は題名にもあるように悟空がスーパーサイヤ人?に変身します。
本作制作時にはまだスーパーサイヤ人が原作で出ていない次期だったのか、見たこともないスーパーサイヤ人に変身します。
アニメでも伝説のスーパーサイヤ人と噂だけ出ていた次期なので原作読者やアニメファンの方にはやくスーパーサイヤ人を見せる為、あるいは宣伝だったのかもしれません。
あの頃は伝説のスーパーサイヤ人って何だろうと考え、よく想像してたような気がします。
それが映画で見られるとなれば、見に行きたくなりますからね。
あとはピッコロの登場もカッコ良いです。
悟飯のピンチに登場。
ドロダボにたいしての圧倒的パワーを見せつけたが、アンギラとメダマッチャには苦戦をして悟飯を守ったが、やられてしまいました。

ピッコロが敵のボス意外に倒されるのは珍しいです。
悟飯を助けるシーンはナッパ戦を思い出しました。
それから悟空が登場し、アンギラ、メダマッチャと二人を相手に圧倒的パワーで勝ちます。
この戦いはジースとバータ戦を思い出します。
今回はクリリンの出番なしです。
クリリンが敵のボスにいきなり挑む作品も他にはありません。
中々珍しいシーンが見られる作品で楽しいです。
スラッグの戦闘では界王様がフリーザ以上かもと言っていました。
おそらくアニメではフリーザ第二形態あたりだったので、それよりは強いと言うことだとは思います。
それから巨大化をします。
ピッコロも第23回天下一武道会では巨大化したので、その時の事を思い出しました。
あれいらい巨大化になる事は無かったですから。
サイヤ人は大猿になると戦闘力10倍ですが、ナメック星人は巨大化すると戦闘力上がるのでしょうか?
悟空がスーパーサイヤ人【擬似】の状態のままだったら巨大化でも苦戦しなかったのか、今では確認する方法はないですが。

ラストは悟飯の口笛を使いピッコロのパワーを得てカイオウケン➡元気玉の流れで勝利しました。
ピッコロとの合体パワー。
協力して倒した所は二人の信頼感を感じました。
ナメック星人は口笛が弱点だというのも、オリジナル設定とはいえ、良くできているし、あり得る話しだなと関心しました。
あとスラッグはファミコン版サイヤ人絶滅計画にも登場しておりました。

 

映画の良い所

  • スーパーサイヤ人らしき変身を見る事ができる
  • ピッコロが悟飯を助けに来るシーンはあいかわらずかっこいい
  • 悟空が珍しく途中参戦でスラッグの手下二人を倒すシーンがかっこ良い所
  • ナメック星人は口笛が苦手とオリジナルストーリーの設定なのに説得力がある

 

映画の悪い所

  • 今回の変身はスーパーサイヤ人なのか謎だった
  • オリジナルストーリーとしてつじつまが合わない

 

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』の評価

評価4

今作の敵はナメック星人なので、ストーリーとして入りやすく、そして、フリーザやスーパーサイヤ人などのキーワードが言葉の中に出てくるので、アニメと関係があるなと連想出来ます。
オリジナル設定のナメック星人弱点が口笛なのは、本当の設定のように感じました。
このあと今回の設定を使われることはありませんでしたが、また機会があれば使って欲しいです。
悟空、ピッコロの活躍も健在でクリリンのやられかたも良いです。
カイオウケン➡元気玉の流れは変わっていませんが、悟飯の口笛➡ピッコロから悟空へパワーを渡し➡ピッコロのパワーでカイオウケン➡元気玉とみんなで協力して倒してる感じが出ていて非常に良いですね。
これこそが強敵と戦っていると感じられます。
擬似スーパーサイヤ人の謎はありますが、謎は謎のままでいいのではないでしようか?

 

『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』が見れるU-NEXTの特徴と基本情報

ドラゴンボール超
ドラゴンボール【無印】
ドラゴンボールZ
ドラゴンボールGT
ドラゴンボール改
無料体験31日間 キャンペーン中!!
月額料金1,990円(税抜)
作品数約120,000本以上(日本最大)
ダウンロード機能
同時視聴数最大4台

U-NEXTではドラゴンボール劇場版が全て見放題!!

U-NEXTではドラゴンボールのアニメシリーズだけでなく、ドラゴンボールの劇場版の配信しています。

ペンあか
ペンあか

これはドラゴンボール好きには堪らないでちゅ!

今ならドラゴンボールの映画がたくさん見れっぞ!!

U-NEXTで今すぐ
『映画 ドラゴンボールZ』を見る >>

無料期間に解約すれば料金は一切掛かりません

 

コメント